KS・HOUSE

**目指したもの**

・みんながいろんな所に居ても、ダイニングに集まるような家。
・それぞれの存在を感じられる家。
・木の家具に囲まれた生活を送れる家。
・キッチンが広くて、子供達といっしょに料理ができる家。
・太陽の光や風を自然に取り込んで、季節感を大切にして、ほっとできる家。
・そしてなにより、みんなが健康に暮らせる家。
なんです。

既存の物を上手に残しながら、間取りを変え、素材を吟味して、
コストとにらめっこしながらリフォームしました。。。

郊外にある分譲マンションを中古購入。
リフォームして住たい。というご要望です。

既存の間取りは、4LDK。
これを、個室1室はそのまま。
個室2室の間仕切りを撤去し、1室にして家族の寝室に。
畳で寝たいとのことで、1段床を上げて、空間に変化をつけて、
扉は、全開放できるように、引き戸にしました。
ダイニングに併設されていた和室は、扉を撤去して広いリビング+ダイニング+キッチンに組込みしました。

**木の家具に囲まれて。。。**

「キッチンが広くて、子供達といっしょに料理ができる家」
クローズだったキッチン。壁を撤去して、オープンにしました。
キッチンを取替るほどの予算がなく、また、そんなに痛んでるわけでもありませんでした。
ただ、扉の雰囲気が求めていた物と違っていたので、
扉のみ交換しました。

木の家具に囲まれた生活を送れる家」
キッチンの配置もオープンといっても Iタイプで壁に向かった形でした。
もう少し、空間の中にいて存在感が欲しく、
「子供達と一緒に料理をする」というイメージから離れていました。
そこで、大きな作業台を製作しました。収納も兼ねた作業台で、移動式にしました。
素材は、タモの突き板でオイル仕上げです。

現在の建材。シートや化粧板ですが、一般の方はプリントとは気が付かないほど良くできています。
でも、やっぱり、本物はちがいます。
触れば解ります。

洗面台は製作しました。
こちらも、タモの突き板、オイル仕上げです。
引出しは、何を入れるか、たくさん打合せをして、寸法を決定しました。

**触れる所は自然素材で**

子供のころから、本物に触れる事は、感性を育てる上で非常に重要だと思っています。
そこで、
天井・壁は、全室、織物の壁紙。
床は、2mmの厚板を貼った複合フローリング、ワックス仕上げを提案しました。。
材種は、タモとウォールナットです。


家族がそれぞれを感じながら、優しい気持ちで暮らす家ができました。。。







       

鉄筋コンクリート 3階建て
分譲マンション
リノベーション面積:100㎡

【床】
 ・ウォールナット/タモ
  ・厚付き複層フローリング
  ・ワックス仕上げ
【壁・天井】
 ・織物クロス
【製作家具】
 ・キッチン作業台/洗面台
  ・人工大理石+タモ突き板
  ・オイル仕上げ
【製作建具】
 ・メラミン